◆  布団・毛布・肌掛け・カーペット・絨毯・カーテン・ブーツ専門の集配、宅配クリーニング  

京葉クリーンライフ        TEL 0120-45-033
布団・カーペット・羽毛布団などの特殊品をクリーニングする京葉クリーンライフです。

3枚まとめてパック  ふとん丸洗い   カーペットクリーニング   靴・ブーツクリーニング   羽毛布団リフォーム

 全国ふとんクリーニング協会加盟店

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中

初めてご利用の方へ

調べる

商品一覧

 トラブルが起きた時   

 

 
「クリーニングに出した品が紛失した」「縮んだ」「変色した」「しみが落ちない」などトラブルが起きた場合の解決手段をご紹介します。

  トラブル時の解決手段

1.お店に相談して下さい

もしトラブルが発生したら、まずお店に連絡して原因を調査してもらいましょう。
連絡は、早ければ早いほど、解決し易くなります。
また、原因がすぐに明確になった場合は、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会が定める「クリーニング事故賠償基準」や、お店により「クリーニング保険」を利用し解決します。

2お店に相談しても原因不明の場合

万が一お店に相談してもトラブルの原因が不明瞭の場合は、お店の方へクリーニング綜合研究所で行っている鑑定サービスを利用するよう依頼してください。第3者が科学的に原因を究明することにより、解決までのスピードが早くなります。

3.どうしても解決しない場合

お店側の説明や鑑定結果に納得がいかない場合は、地元市区町村にございます消費者センターへご相談ください。
また、国民生活センターに設置されている「ADR(裁判外紛争解決)機関」を利用するのも一つの方法です。

  
クリーニング事故原因には・・・

1. クリーニング方法に過失がある場合
2. 製造・販売メーカー側に過失がある場合
3. お客さまの使用時に過失がある場合

の三つに大別することができます。

クリーニング事故賠償制度が適用されるのは(1)のクリーニング方法に過失があるとみなされた場合に限ります。なお、クリーニング事故原因の決定は繊維製品検査所等の鑑定に基づくものとします。

 クリーニング業者に過失がある場合

A) クリーニング作業中による損傷
B) 仕上げによる損傷
C) 紛失
D) クリーニング業者の集配中による損傷
E) クリーニング中間業者(取次店など) の集配中・保管中による損傷
F) その他の原因による損傷

 製造メーカーに過失がある場合

A) 劣化の激しい素材。クリーニング工程の異なる素材で製造された衣類(ポリウレタン加工商品、天然繊維と皮革、毛皮等)
B) 染色堅牢度の弱さ 移染 変褪色 その他 。生地素材の使い方 硬化 剥離 ひび割れ  ゴム伸び プリント脱落 収縮 それに類するもの
C) 染色堅牢度や退色堅牢度の弱い繊維で製造された品物
D) 通常のクリーニングに耐えられない素材で製造された品物
E) 熱セット性が弱い生地で企画・製造された品物
F) 縫製撚糸のあまさによるホツレ、ほころび
 それに類するもの
G) 素材等の経時劣化によるもの
H) その他収縮や変形など

 お客さまの使用時、保管に過失がある場合

A) 汗や紫外線、蛍光灯による変褪色や脱色
B) 化学薬品(パーマ液・バッテリー液・台所風呂用洗剤・洗濯洗剤)などによる変褪色や脱色
C) 気づかないままの破れ・ほつれ・食べこぼし・シミ
E) クリーニング引き取り後、お客さま保管方法による事故
F) その他これらに類するお客さまによる事故 

 

 クリーニング賠償基準

 


全国クリーニング生活衛生同業組合連合会が定める「クリーニング事故賠償基準